STAFFBLOG

メンテナンスブログ(窓、サッシのお掃除)

倉屋幸佐

こんばんは!

施工管理部メンテナンス担当の倉屋です^^

 

 

本日は、2019年最初のメンテナンスブログです!

本日、窓・サッシのお掃除についてです。

 

大掃除で綺麗にされた方もおられると思いますが、

この時期は十分に換気をすることが中々難しく、結露やカビで悩まれる方も多いかと思います。

綺麗にした窓で綺麗な空気を取り込み、後ほどご紹介する

結露対策も実践いただき、少しでもこの時期のお悩みを解消されてはいかがでしょうか?

 

【窓・サッシのお手入れ】

*用意するもの

・スクイジー

・ぞうきん

・水を入れた霧吹き

・ガラスクリーナー

・重曹(セスキ炭酸ソーダもおすすめ)

 

①霧吹きで水を拭きつけ、ホコリや砂が付着した窓の汚れをスクイジーで一気に

上から下へ拭き取ります。同じスピードで拭き取りましょう。

※汚れを綺麗に落とせないと乾拭きした後でも、白く曇ったりしてしまいます。

 

②油汚れ等の落ちにくい汚れはガラスクリーナーで落とすことができます。

ガラスに対角線上にスプレーして固く絞ったぞうきんで伸ばし、拭き取った後、乾拭きをします。

 

③サッシの汚れは、重曹を溶かしたお湯を使用して ぞうきんで拭くと綺麗にすることができます。

窓ガラスに使用しても大丈夫です。(セスキ炭酸ソーダを吹き付けて、30秒ほど置いてからふき取っても汚れは落ちます)

※サッシの材質を確認してからご使用ください。

 

※横すべり窓をお掃除する際にはコチラをご覧下さい!

 

 

【結露対策】

結露を防ぐためには、基本的に窓を開けたり、換気扇を回すことで

換気を行い、空気中の水分を外部へ排出することが一番ですが、

その他に下記のような方法もございますので、豆知識として覚えておられると良いかもしれません。

 

 

①窓を綺麗にしたら、薄めた撥水剤を吹き付けます。

きれいな雑巾で窓全体に伸ばした後、水拭きを余分な液を取り除きましょう。

 

②台所用洗剤を20倍程度に薄めたもので窓を拭き、乾拭きすることで窓に水滴をつきづらくなる

という方法もございます。

 

③その他にも外気が一気に冷える夜に結露が起こるため、就寝前に換気をしたり、

カーテンを開けて、カーテンと窓の間のすき間に冷たい空気をためないようにするなども

有効な方法です。

 

 

結露が絶対的になくなることはありませんが、

上記の対策を行い軽減させることはできますので

ぜひ、一度お試しください^^

 

====

現在受付中の見学会・勉強会などイベント一覧はこちら
http://bit.ly/2Q08ar8

城山台モデルハウス見学、高の原・橿原支店の来店予約はこちら
http://bit.ly/2PV9ifv

現在販売中の分譲情報はこちら
http://bit.ly/2Q06I80

楓工務店の施工事例はこちら
http://bit.ly/2Q2G8LH

\楓工務店TV配信中/
スタッフの今日のこだわりやメンテナンス動画はこちら
http://bit.ly/2QJ4bDH

倉屋幸佐

この記事を書いたスタッフ

倉屋 幸佐施工管理部

お引渡し後のメンテナンスを担当させていただいております!
「どんな事でもお施主様の困ったことを迅速に解決する」をモットーに永く快適かつ安心に、こだわって建てていただいたお家で暮らしていただくことを使命としております。楓工務店でお家を建てて良かったといつまでも思っていただけるよう尽力してまいります!

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。