楓工務店は厳しい審査基準をクリア している、工務店です。

楓工務店では建設させていただいた住宅に、自社の保証にプラスして、
第三者機関の保証制度を導入しています。「日本住宅保証検査機構が発行する瑕疵保険」や
「完成保証」は、優れた技術と共に、経営状態など厳しい審査基準をクリアした会社だけがお客様にご提供できる保証制度です。

登録には建設業法の認可などの基本的な資格と共に

・過去三年間の決算書の提出による経営チェック
・日本住宅保証検査機構(JIO)の定める厳しい検査をクリアしなくてはなりません。

※登録後も経営状態などが定期的に審査されます。

また、工事中のあらゆる事故に対する工事保険(各種損害保険)への加入も義務付けられ、お客様の財産となる建築中の建物への「安心・安全・信頼」の
ご提供に積極的に努めております。

つまり、日本住宅保証検査機構の審査を通過している「楓工務店」は、
健全経営の会社
なのです。

楓工務店の保証内容

中小工務店では充実されにくい保証を、しっかりと整備しております。建物お引き渡し時に各検査証、保証書を発行しております。

優良住宅保証

楓工務店では第3者機関・株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)の「わが家の保険」に全棟加入しております。

わが家の保険
建物を建築した建築会社と関係のない第三者機関(国土交通省指定評価機関)が検査を行うことで、その建物が確かな品質である事をプロの厳しい目でしっかりと確認します。
そして、お引き渡し後10年間に万が一、品格法上の「瑕疵」が発生した場合は、
その費用を「日本住宅保証検査機構」が保証します。
(万が一、建築会社が倒産しても長期保証は継続されます)
瑕疵かし担保たんぽ責任とは
新築住宅を供給する事業者は、住宅のなかでも特に重要な部分である【構造耐力上主要な部分】および【雨水の浸入を防止する部分】の瑕疵に対する10年間の瑕疵かし担保たんぽ責任を負います。平成21年10月1日以降のお引渡しをする住宅は『特定住宅瑕疵かし担保たんぽ履行法』に基づき、瑕疵かし担保たんぽ責任と履行の確保が義務づけられました。
瑕疵かし担保たんぽ責任とは…契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合にこれを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことをいいます。
瑕疵かし担保たんぽ責任の履行の確保
事業者が瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置の義務付け等を定めています。
資力の確保には【供託制度】と【保険制度】があり、安心の大きさはどちらも同じです。
※ 保険加入の場合は紛争処理が利用可
住宅の建築や購入の際は資力確保措置の説明が義務付けられているので、
契約前にはどちらの制度を利用しているのか知ることが出来ます。

地盤調査・保証

全ての建築予定地において、地盤の状態に合わせて表面波探査試験での地盤調査を行っています。
調査をもとに詳細な報告書を作成し、最適な基礎工事のご提案を行います。

また、万が一、不同沈下により建物が損害を受けた場合、
基礎着工日に始まり引渡し日から20年間、最高で5000万円まで損害を補償します。

その他の充実保証

防水10年保証

ベランダや屋根からの防水を10年間保証致します。10年目までに有償での保全工事をおこなっていただいて、その後、継続の保証は5年。

10年目以降は推奨メンテナンス後、保証継続。

外壁保証

防水サイディングのコーキングの割れによる漏水、表面の塗装などに10年の保証がつきます。

屋根の10年保証

日本住宅保証検査機構による雨漏りの保証とは別に屋根材の錆、変形を10年間保証いたします。

防蟻10年保証

シロアリの被害に対して10年間の保証がつきます。※10年間白アリ保証

住宅設備保証

全ての住宅設備(キッチン、ユニットバス、
トイレ、洗面台、照明器具)に
メーカーの保証がつきます。

※設備仕様によって保証対象年数が変わります。

あわてないで大丈夫保証

急なトラブルでも大丈夫。
楓工務店は地域に根ざして、地元の職人さんと建てる家づくりを行っていますので、転勤や異動などで担当者がいなくなることはありません。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。