徹底して無駄を省いた生活動線と家事動線

大きな窓から自然光を取り入れたリビング。南側にいずれ家が建つかもしれないということを考えると、吹き抜けは必然でした。

使い勝手抜群の家事室は、日当たりの良い明るい空間になりました。

文具やプリント類など、生活感のあるものをすべて収納しているので、急な来客があっても閉めてしまえば、生活感のない空間に変身します。

吹き抜けを取り囲むように、2階にはアイアンの手すりを設置しました。空間を広く演出するこで、さらに開放感がアップします。

リビングのカーテンは、奥様がお店に足を運んで見立てたもの。「リビングのテーマは黒と白と茶色。子どもがまだ小さく、おもちゃもあるので、シンプルな色で統一しました」とこだわりが詰まっています。

玄関からすぐの場所にあるファミリークローゼット。ランドセルや上着を収納する場所が決まっているので、自分で片付ける習慣ができます。

ネイビーの外壁と片流れ屋根が印象的。パッと目を引くオシャレな外観に仕上げました。

 

■担当コンシェルジュ:入江 伽名子

 

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。