長年の夢を実現した憧れのアメリカンハウス

乗用車とフォルクスワーゲンバスが収納できるガレージは、ディティールまで凝った仕上がり。白い窓枠がアクセントになった2階の上げ下げ窓も、アメリカンハウスらしさを演出してます。

ガレージ内にはご主人お気に入りのアメリカン雑貨やキャンプ用具があちこちに。中にはご主人お手製のオリジナルグッズ(!?)も。思い入れのある品々に囲まれ、次のキャンプの準備をするのも楽しい時間です。

リビングの西側には広めのウッドデッキ。お孫さんや友人たちを招いてのバーベキューも、ここでの楽しみに加わわりました。

広々としたLDKの床にはボルドーパインの無垢板を選び、素足での生活を楽しんでいるという奥様。天井には太く存在感のある見せ梁が貫き、重厚感と開放感をもたらしています。本当は吹き抜けにしたかったというが、構造や熱効率などを考えて天井を高くするに止めたとか。シーリングファンも設置し、快適さを優先した設計になっています。

ファイヤーキングのカップやコールマンのテーブルクロス、キャンベルの缶など、コレクションアイテムがディスプレーされたキッチン。アメリカの雑誌の切り抜きを額装するなど、ご夫婦のセンスが散りばめられています。キッチンが広くなったことから、奥様の友人を招いて料理レッスンを開くこともあります。

1階は可能な限りつり戸を採用して、掃除はお掃除ロボットにお任せ。あらかじめ充電場所が設けられるのも注文住宅ならではです。

お孫さんたちが泊まりに来たときには、和室があると何かと便利。窓からは、代々受け継がれてきた本格的な日本庭園が見え、立派な石灯籠や松の木などが大切に残されていることがうかがえます。普段は引き戸を開け放つことで、奥行きのある空間になります。

洗面室と脱衣室は、間にドアを設けて分離。他の人の入浴中にも、洗面室を気兼ねなく使えるようにしています。

トイレにもお気に入りの小物やイラストを飾ってS様邸らしさのある空間に。壁紙は洗面室と統一しています。

外から入ってきてすぐに手洗いができるよう、玄関ホールにはミニサイズの洗面ボウルを設置しています。

インナーガレージから出入りできる収納スペース。作業を終えたご主人はここで上着を脱ぐなどして室内へ。

シューズや傘、コート類は左手に設けられたウォークインクロゼットに収納。すっきり片付いた玄関をキープできます。

 

■担当コンシェルジュ: 成清 誠

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。