NEWS

  • HOME
  • お知らせ
  • 社内ラジオ「ゆこさこラジオ」が、Work Story Award 2020『コロナ禍をきっかけに変わる働き方』部門で受賞しました!

社内ラジオ「ゆこさこラジオ」が、Work Story Award 2020『コロナ禍をきっかけに変わる働き方』部門で受賞しました!

 

「働き方を選択できる社会づくり」の実現を目指す一般社団法人at Will Workが運営する「Work Story Award 2020」において、楓工務店スタッフ2名(出原・中山)による、社内の関わりの文化を紡ぐコミュニケーションツール「ゆこさこラジオ」が『コロナ禍をきっかけに変わる働き方』部門で受賞いたしました。

 

「ゆこさこラジオ」とは

オンライン飲み会の新しい活用法で、楓工務店社員2名(出原・中山)がDJに扮してお届けする社内向けのラジオです。隔週火曜日の夜、1時間開催され、トークテーマは、「1年目のわたしってこうだったのよ」など新入社員が抱える不安に寄り添うテーマをチョイス。お悩み相談やゲスト先輩社員への質問を事前にお便りとして募集し、番組で紹介します。ゲスト社員へ新人時代の経験や失敗談など、真面目な質問も面白い質問もぶつけていくことで、新入社員にとって今後の見通しになれば、という思いが込められています。新入社員からは「おいてきぼり感がなかった」、既存社員からも「ゲストの経験、仕事に対する考え方を知ることができて良い」と好評を頂いています。

 

 

受賞理由(審査員コメント)

コロナ禍における社内のコミュニケーションの方法について様々な課題が浮かび上がる中で、時間と場所を超えて共有できる「ラジオ」は、非常に有効な取り組みだと評価しました。昨今のテレワークの影響でラジオの需要も高まりつつありますが、このストーリーはオンラインでのコミュニケーションで浮き彫りになったデメリットに配慮して企画実施された点が、ユニークで独創性があります。また、事例としても汎用性が高く、新しいコミュニケーションの代替の一つとして、多くの企業にとって参考になると感じました。

 

ストーリーとは

成功した事例は再現性が必要です。成功した結果だけ切り出しても意味がなく、取り組んだ背景や人々の思いなどそこにある物語が重要だと考えます。課題をどのように認識していたのか、またどのようなアプローチをとったのか、それを私たちは「ストーリー」と呼んでいます。またストーリーを集めることで、会社や個人だけではなく、チームやプロジェクトにもスポットライトが当たると考えています。条件が同じでなくても、そこにあるストーリーから学ぶことで、目の前の課題解決のヒントになる。ストーリーから働き方の選択肢が生まれていきます。

*Work Story Award ホームページより

 

◆Work Story Award 2020サイト内 受賞ページ
https://award.atwill.work/stories2020/128

 


 

取材・メディア掲載についてのお問い合わせの際は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
受付完了後、内容を確認し弊社担当より折り返しメール等でご連絡いたします。

 

取材・メディア掲載お問い合わせフォーム
https://bit.ly/33EuYFy

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。